遺言を実行する前の相続権について

相続分の譲渡が、他の相続人に対して行われた場合なら、
譲受人の割合的な相続分が増加するだけであり、
その後の手続が相続人によって行われる通常の遺産分割協議であることに違いは生じません。しかし、相続分の譲渡が第三者に対して行われた場合は、第三者である」
譲受人を含めたところでの遺産分割協議が必要になってしまうことになります。

第909条
遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

(相続の放棄の効力)
第939条
相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。
第938条
相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

第940条
1.相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

2.第645条 、第646条 、第560条第1項 及び第2項 並びに
第918条第2項及び第3項の規定は、前項の場合について準用する。
民法第645条(受任者による報告)
民法第646条(受任者による受取物の引渡し等)
民法第650条(受任者による費用等の償還請求等)
民法第918条(相続財産の管理)

どう相続手続と向き合うか情報をのせているホームページです。
相続手続支援センター川崎駅前は本当に詳しいと評判だ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む