カテゴリー: 子どもに残したい遺言

遺言の方法について相続の経験者が説明する

遺言の方式ですが、大きく分けて普通方式と特別方式に分けられます。そして普通方式は、さらに3つにわけられます。

遺言がある場合、法定相続よりも遺言の内容が優先されます。
ですから、遺言には、きびしいきまりがあります。
まず、遺言は2人以上のものが同一の書面で共同してすることはできません。
遺言者間での相互干渉や、撤回のやりとりが生じたときの対処が難しいためと言われています。
また、自筆証書遺言以外は、証人や立会人が必要です。
“遺言の方法について相続の経験者が説明する”の詳細は »

遺言を実行する前の相続権について

相続分の譲渡が第三者に対して行われた場合は、第三者である」譲受人を含めたところでの遺産分割協議が必要があることも

相続分の譲渡が、他の相続人に対して行われた場合なら、
譲受人の割合的な相続分が増加するだけであり、
その後の手続が相続人によって行われる通常の遺産分割協議であることに違いは生じません。しかし、相続分の譲渡が第三者に対して行われた場合は、第三者である」
譲受人を含めたところでの遺産分割協議が必要になってしまうことになります。
“遺言を実行する前の相続権について”の詳細は »