タグ: 財産

代襲相続が起こる3つのケースとは

代襲相続という言葉を聞いたことはありますか。どういうときに、起こるのでしょうか。

代襲相続というのは、相続人になるはずだった人が、
相続開始以前(同時死亡を含む)に死亡していたときなどに、
その子や孫が代わって相続人になるという制度です。

“代襲相続が起こる3つのケースとは”の詳細は »

相続の際の戸籍の重要性とは

相続が発生したとき、金融機関は相続人がだれであるか、戸籍を確認してチェックしています。

相続が発生すると、亡くなった方の預貯金や不動産がすぐに相続人のものになるわけではありません。
相続人と主張する人が本当に相続人であるのか、金融機関はしっかりとチェックします。
相続権のない人に相続財産を渡してしまうわけにはいかないからです。
 

では、どのようにチェックするのでしょうか。


“相続の際の戸籍の重要性とは”の詳細は »

銀行の口座の相続に関する手続き

停止された故人の口座の預貯金は、一連の手続きを経て、相続人の口座に入金されることになります

☆亡くなられた方の口座は…☆

亡くなられた方の預貯金口座はどうなるのでしょう。

故人の預貯金口座は停止されます。

これは、銀行やゆうちょ銀行などの金融機関が独自に判断して行っていることで、遺産保全のための措置です。
“銀行の口座の相続に関する手続き”の詳細は »