タグ: 自己

遺言を実行する前の相続権について

相続分の譲渡が第三者に対して行われた場合は、第三者である」譲受人を含めたところでの遺産分割協議が必要があることも

相続分の譲渡が、他の相続人に対して行われた場合なら、
譲受人の割合的な相続分が増加するだけであり、
その後の手続が相続人によって行われる通常の遺産分割協議であることに違いは生じません。しかし、相続分の譲渡が第三者に対して行われた場合は、第三者である」
譲受人を含めたところでの遺産分割協議が必要になってしまうことになります。
“遺言を実行する前の相続権について”の詳細は »