タグ: 機会

主な相続財産が不動産の場合は4つの計算をする

相続が発生してからもめないためには、お父さんの生前から相続について話す機会を設け遺言書を作ってもらったり、 家族みんなが仲良くしておくことが大切です。

相続人(亡くなった方のこと)が父で、
特に預貯金はほとんどなく、
主な相続財産が不動産(土地や建物)、というケースが多々あります。
このようなケースでたとえば相続人が子である長男と二男のみだったとします。
父の遺した不動産に長男一家が住んでいて、そのまま住み続けたい場合、

不動産を二分の一ずつ分割…とはいきません。
“主な相続財産が不動産の場合は4つの計算をする”の詳細は »