タグ: 弁償

相続する子供の配偶者がおかれている立場を理解

被相続人は、遺言で分、割の方法を定め、又は相続開始の時から五年を超えない期間内分割を禁ずることができる。

財産を相続する際に大きな問題の一つとなるのが相続人である子供の配偶者についてです。
配偶者がその遺産相続に納得しない場合も少なくありません。
相続人である自分の夫や妻が、親の財産を相続するにあたり他の兄弟姉妹たちよりも少なく相続する、あるいはもらえないなどと言う場合は非常に複雑な心情が絡んでくるようです。

だからといって相続人たちの話し合いの場に、配偶者が入りこむことも良くない傾向です。
「全然関係ない赤の他人が何を介入してきているの。」ということにもなりかねません。
相続は専門性も高い分野なのでそれぞれの家庭の事情に基づいて専門家に相談するようにしたいものです。

第九百八条   【 遺言による分割方法の指定又は禁止 】
被相続人は、遺言で分、割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間内分割を禁ずることができる。
“相続する子供の配偶者がおかれている立場を理解”の詳細は »