タグ: 原因

特定の相続人に遺産を残したいときの手段

個々の法定相続人の遺留分を侵害しないことが侵害しないことが大切ですよ

遺言がない場合には、相続財産は相続人の共有という形で
相続されてしまいます。
しかし遺言がある場合には基本的に遺産の分割内容は遺言が優先されます。
尽くしてくれた娘に、また、障害を持つ子に、
など法定相続分より多めに財産を残したい相続人がいる場合、
遺言によって法定相続割合とは異なった割合を指定することができます。
“特定の相続人に遺産を残したいときの手段”の詳細は »