タグ: 事故

相続の死亡時期の推定という法律の定めがある

死亡した数人中の1人が他の者の死亡後もなお生存していたことが明確でないときには、これらの者は、同時に死亡したものと推定されるとされています。

(相続開始の原因)
第八百八十二条 相続は、死亡によって開始する。
(相続開始の場所)
第八百八十三条 相続は、被相続人の住所において開始する。

(相続回復請求権)
第八百八十四条 相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から二十年を経過したときも、同様とする。
“相続の死亡時期の推定という法律の定めがある”の詳細は »

法定されている相続について権利を有する人

被相続人(A)が死亡した場合、原則的に、「配偶者(B)・子供(C)」が法定相続人となり、法定相続分は「1/2」ずつとなりますよ

◎本来相続人となるはずだった者が相続開始以前に
死亡していた場合(被相続人と同時死亡を含む)
◎推定相続人の廃除された子供
◎相続欠格事由に該当された子供
被相続人の子は第一順位で相続人となりますが、
相続開始前に子がなくなった場合は、死亡した子の子
(被相続人の孫)が死んだ子に変わって相続人となります。
“法定されている相続について権利を有する人”の詳細は »