相続と生前の贈与とは?

遺言のほかに、自分が遺産を残したい人に
あらかじめ準備をしておきたい場合は
生前贈与を活用しましょう。

生前贈与は相続人が一人の場合はすんなりすすみますが
相続人が大勢の場合は、争いが起きないように公平に
決めておくことが大切です。

不動産などを子供に残す場合は名義の書き換えの
手続きをきちんと行うようにしてください。
これが書き換えていなければ親の名義となり
遺産相続の争う原因になることも多いのです。

贈与する不動産の登記名義を変更は、
贈与契約は結びましたが、公的な証拠を残して
おかなければなりませんので、不動産の登記名義を
変更する手続きをしなければなりません。
1.登記に必要な書類を集める
登記には以下のような書類が必要になります。
①、贈与をする人の権利証
②、贈与をする人の印鑑証明書
③、贈与を受ける人の住民票
④、相続する不動産の評価証明書

申請書の作成および登記の申請
申請書類の作成は非常に複雑で、このページで細かい
内容まで説明することは難しいので、割愛します。
なお、実際に登記を申請する法務局(登記所)に
直接問い合わせて見るのもひとつのかしこい方法です。

口頭などで贈与を行っても登記名義がそのままであったり
すればその他の相続人で公平に分配されてしまうことに
なりますから、無駄な紛争がおこる場合も懸念されます。
贈与の場合は明確に「遺産とは別」を思われるように登記簿上の名義
をキチンと書き換えておきましょう。

遺産分割協議の相談なら相続手続支援センター川崎駅前へ
贈与税の特例は、平成21年と22年の間で、
住宅を取得するための資金の贈与を親子間、祖父母と孫間の
間で贈与を受けた場合には、2年間合計で500万円までは、
贈与税の非課税財産としますよという特例もできました。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy/

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む