カテゴリー: 高価だから不動産を大事にする

自用地と貸宅地ではどちらの方が評価が高いのでしょうか

同じ条件の宅地であっても、自用地なのか貸宅地なのかによって、評価は大きく異なります。

ある場所に、2つの土地があるとします。
同じ条件の場所にあり、同じ面積、そして持ち主も同一人物だとしましょう。
ただし一方は更地、もう一方は他人に貸していて貸した相手の家が建っている土地です。
さて、どちらの土地が高く売れるでしょうか?

“自用地と貸宅地ではどちらの方が評価が高いのでしょうか”の詳細は »

自宅の土地の評価方法を知りたい

「不動産屋の折込みチラシに、近所の不動産価格が載っていたが、うちの土地もほぼ同じ広さだし、同じくらいの価格だろう」 そう思っていらっしゃる方、少なくないのではないでしょうか。

不動産、とりわけ土地をお持ちのみなさま、ご自宅の評価額をご存知でしょうか。

“自宅の土地の評価方法を知りたい”の詳細は »

家屋の評価はどうすれば分かるのでしょうか

家屋の評価額は、住居なのか、貸家なのか、建築中なのかによって評価が変わります。

家屋は、固定資産税に基づいて評価されます。

“家屋の評価はどうすれば分かるのでしょうか”の詳細は »

主な相続財産が不動産の場合は4つの計算をする

相続が発生してからもめないためには、お父さんの生前から相続について話す機会を設け遺言書を作ってもらったり、 家族みんなが仲良くしておくことが大切です。

相続人(亡くなった方のこと)が父で、
特に預貯金はほとんどなく、
主な相続財産が不動産(土地や建物)、というケースが多々あります。
このようなケースでたとえば相続人が子である長男と二男のみだったとします。
父の遺した不動産に長男一家が住んでいて、そのまま住み続けたい場合、

不動産を二分の一ずつ分割…とはいきません。
“主な相続財産が不動産の場合は4つの計算をする”の詳細は »

不動産の名義変更、すぐしなきゃならないの巻

わたくし、新人相続事務員が実際に感じたことのある『?』を、一般の方の目線で書き綴らせていただきます!

相続が開始し、遺産の中に不動産があるにもかかわらず、そのまま名義変更をしないケースが、時々見受けられます。

不動産の名義変更手続きが面倒に感じる方がたくさんいらっしゃるようです。

確かに、名義変更は、すぐ行わなくても目立った問題は起こりません。

いままでどおり住んでいても誰かに何か言われるでもなく、市役所からは毎年固定資産税の請求もきているので、お役所も税金さえ払ってくれれば問題ナシ、なんですね。
“不動産の名義変更、すぐしなきゃならないの巻”の詳細は »

相続と生前の贈与とは?

書き換えていなければ親の名義となり遺産相続の争う原因になることも多いのですよ

遺言のほかに、自分が遺産を残したい人に
あらかじめ準備をしておきたい場合は
生前贈与を活用しましょう。

生前贈与は相続人が一人の場合はすんなりすすみますが
相続人が大勢の場合は、争いが起きないように公平に
決めておくことが大切です。
“相続と生前の贈与とは?”の詳細は »