相続税と贈与税の違いとは何でしょうか

相続税は、被相続人がなくなり相続が発生したとき、
遺産を相続する人に課される税金です。
では、贈与税は、どのような時に課される税金なのでしょうか。

贈与税は財産の持ち主が生きているうちに、
受贈者(=贈与を受ける人)に財産を無償であげることで生じます。
つまり、個人の贈与により生じた財産に課される税金です。

ところで、二者の税率がよく比較されますが、
確かに、相続税と贈与税とでは、課税金額がかなり異なります。
相続税に比べて、贈与税の額はかなり高くなっています。
それは、『贈与税は、相続税を逃れないように考えられた側面を持つため』と言われています。

とは言うものの、法にのっとった様々な方法を駆使して生前贈与をすることで、
通常の相続税よりもトータルで納める税金抑えられる場合もあります。

しかしここで注意したいのは、相続開始前3年以内の贈与は、
相続財産に含めなくてはならないということです。
ということは、せっかく相続対策の贈与を行っても、
実施後3年以内に相続開始を迎えてしまうと意味がなくなってしまうこともあるということにもなります。

«
»
 

トラックバックURL