家屋の評価はどうすれば分かるのでしょうか

家屋は、固定資産税に基づいて評価されます。

固定資産税とは、市区町村から送られてくる納税通知書に記載されています。
家屋は、住居なのか、貸家なのか、建築中なのかによって評価が変わます。
そして評価が変われば、相続税(相続税が発生する場合)の金額も変わります。

住居の場合、固定資産評価額通りの価値となります。
一応、固定資産税評価額に一定の倍率をかけて求めることが定められてはいるのですが
現在この倍率は1.0倍とされているため、固定資産税評価額がそのまま相続税の評価額となります。
ただし、立派な庭園設備があるなどの場合は、それを加味する必要があるため、補正をします。
このあたりはご心配であれば、相続手続の専門家に評価算出の依頼をしてもいいと思います。

貸家の場合、固定資産税評価額から、
借地権割合を差し引いて評価します。
借地権割合は、国税庁のホームページに公開されています。

建築中の場合は、相続発生時までの建築費用で評価します。
建築途中の家屋の場合には、固定資産税の評価額が付けられていないためです。
そこで、建築途中の家屋の価額は、その家屋の相続発生時までの建築費用の70%に相当する金額により評価します。

«
»
 

トラックバックURL