相続手続においてまず確認すべきこととはなんでしょう

相続発生後、まず確認すべきことを確認してみましょう。

1) まず、『遺言書』の有無を確認

2) なければ、法定相続分で分割

3) 話し合いが可能であれば、法定相続分によらず、『遺産分割協議』で決める
※ちなみに、協議の際に相続人が賛成すれば、1や2を無視した内容の分割も可能です。

そして協議を行った際は、のちのトラブルを防ぐために『遺産分割協議書』を作成します。
では、『遺産分割協議書』は、どのように書けばよいのでしょう。

実は、決まった書式があるわけではありません。
相続人独自の作成方法でかまわないのです。

ただし、おさえておくべきことが3点+α あります。
それはそれぞれ、

・財産の内容と相続人名をはっきりと書く
・相続人全員が自筆で署名する
・実印を押す(印鑑登録証明書も用意しましょう)

という点です。

また、プラスの財産だけではなく、マイナスの財産、つまり負債も記載しましょう。

そして+αとしましたが、もし仮に後になって他に財産が見つかった場合はどうするのか、
そのことも記しておくと将来のトラブル回避になります。

遺産分割協議は、相続人それぞれの思いもあり、結論を出すのはなかなかむずかしいと思います。
しかし遺言書がありさえすれば、残されたご家族がもめることもなくなります。

ご自身の気持ちを残すという意味でも、もしものときのために、遺言書をご用意しておくことが望ましいかもしれません。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む