カテゴリー: 相続について考える

相続の際の戸籍の重要性とは

相続が発生したとき、金融機関は相続人がだれであるか、戸籍を確認してチェックしています。

相続が発生すると、亡くなった方の預貯金や不動産がすぐに相続人のものになるわけではありません。
相続人と主張する人が本当に相続人であるのか、金融機関はしっかりとチェックします。
相続権のない人に相続財産を渡してしまうわけにはいかないからです。
 

では、どのようにチェックするのでしょうか。


“相続の際の戸籍の重要性とは”の詳細は »

数次の相続と代襲して権利を得る人

違いがわからずうっかり見落としてしまったりすると、せっかくまとまった遺産分割をやり直さなくてはならなくなる可能性が出てくるのです!!

相続手続をする際、相続人を調査して確定しますが、
その際とても気を付けなければならないことがあります。
“数次の相続と代襲して権利を得る人”の詳細は »

銀行の口座の相続に関する手続き

停止された故人の口座の預貯金は、一連の手続きを経て、相続人の口座に入金されることになります

☆亡くなられた方の口座は…☆

亡くなられた方の預貯金口座はどうなるのでしょう。

故人の預貯金口座は停止されます。

これは、銀行やゆうちょ銀行などの金融機関が独自に判断して行っていることで、遺産保全のための措置です。
“銀行の口座の相続に関する手続き”の詳細は »

相続放棄ってなあににお答えします

相続放棄をすると、最初から相続権がなかったものとみなされ、ほかの相続の権利について発言することはできなくなります。 ②亡くなった方の借金の返済義務はなくなりますが、同時に、受け取ることができた財産についても、一切無関係となります。

相続というと、亡くなった方の財産がざくざく入ってくるイメージをもたれている方もいらっしゃいます。
しかし、受け取ることのできる財産よりも借金が多いこともあるのです。
そういう場合、相続を放棄するという選択肢を選ぶことができ、それを、『相続放棄』 と言います。

 

相続放棄の他の理由としては、亡くなられた方の家業を継いでもらうため、たとえば、土地や建物を長男一人に相続させたいから、というものもあります。
他にも、母親、あるいは父親の老後の生活資金として、財産を譲りたいという理由も聞かれます。
“相続放棄ってなあににお答えします”の詳細は »

相続人がだれかなんて、わかってるのにの巻

皆さんは相続人がだれかということは調べなくてもはっきりしていると思うかもしれません。

皆さんは相続人がだれか…ということは調べなくてもはっきりしていると思うかもしれません。

しかし実際の相続の現場では、自分の知らない相続人が存在することが分かるケースがあります。

たとえば、被相続人は実は離婚歴があって、前妻との間に子がいたという場合。

他にも、婚姻関係にはない女性との間の子どもを認知していたような場合です。この場合、家族には打ち明けず亡くなる…ということが多く、判明してご家族は驚かれます。
“相続人がだれかなんて、わかってるのにの巻”の詳細は »

相続手続きで受遺者の要件を出してみます

相続手続きで要件のすべてを満たす受贈者が非課税の特例の対象

受遺者の要件は以下の通りです。次の要件のすべてを満たす受贈者が非課税の特例の対象となります。

(1) 次のいずれかに該当する者であること。イ 贈与を受けた時に日本国内に住所を有すること。ロ 贈与を受けた時に日本国内に住所を有しないものの日本国籍を有し、かつ、受贈者又は贈与者がその贈与前5年以内に日本国内に住所を有したことがあること。
“相続手続きで受遺者の要件を出してみます”の詳細は »

法律で決まっている相続税の対象とは

人格のない社団や公益法人等が遺贈により財産を取得した場合で一定の要件を満たすときも、これらの社団・財団は、個人とみなされ納税義務者となります。

相続税法とは・・・・・
相続税及び贈与税について、納税義務者、課税財産の
範囲、税額の計算の方法、申告、納付及び還付の
手続並びにその納税義務の適正運用を履行するための法律です。
“法律で決まっている相続税の対象とは”の詳細は »

妻と子と相続放棄の子 の法律で決まった内容

相続の放棄をしたら、その相続に関しては初めから相続人ではなかったということになりますよ

例えば夫、子(3人)、妻の家庭で夫がなくなり、子供のうち一人が相続放棄となった例を見ていきましょう。
まず相続の放棄をしたら、その相続に関しては初めから相続人ではな3かったということになります。
初めから居ないという位置づけにあるのです。
“妻と子と相続放棄の子 の法律で決まった内容”の詳細は »

法定されている相続について権利を有する人

被相続人(A)が死亡した場合、原則的に、「配偶者(B)・子供(C)」が法定相続人となり、法定相続分は「1/2」ずつとなりますよ

◎本来相続人となるはずだった者が相続開始以前に
死亡していた場合(被相続人と同時死亡を含む)
◎推定相続人の廃除された子供
◎相続欠格事由に該当された子供
被相続人の子は第一順位で相続人となりますが、
相続開始前に子がなくなった場合は、死亡した子の子
(被相続人の孫)が死んだ子に変わって相続人となります。
“法定されている相続について権利を有する人”の詳細は »

最新の記事 »