遺産分割協議書は必ず必要なのでしょうか

亡くなった方の財産は、相続人が複数いる場合、
全員の共同相続財産となります。
その共同で相続した相続財産を誰が、どのように分けるのか?
それを話し合うのが、『遺産分割協議』です。

そして協議が成立したらその結果を文書にした『遺産分割協議書』を作成します。
遺産分割協議書は相続人の数だけ作成し、全員の署名・押印をして各自1通づつ保管することとなります。

では、この『遺産分割協議書』は、必ず作らなければならないのでしょうか?
いいえ、実は絶対ではありません。

特に民法などで作ることを定められているわけではなく、
作らぬ場合罰せられる、なんてことはありませんのでご安心ください。

ではなぜ、作る方が多いのでしょうか。
それは、手続きする上で必要とされる場面があるからです。
それは例えば、相続が原因となる不動産の名義を変更のするときです。
法定相続分以外で分ける場合、果たしてそれが合意の上であるのかどうか、
その証明として添付を求められます。
また、亡くなられた方の預金口座を解約する際、金融機関によっては必要だと言われることでしょう。

そしてこれら手続きで必要とされる以外にも、法定相続人全員の合意の証を残す意味で作られる方が多いです。

確かに『遺産分割協議書』を作成しておくことで「言った言わない」の水掛け論を防ぐことができますし、
のちのちの争いを避けるためにも望ましいかもしれません。

『遺産分割協議書』は、相続人様ご自身たちで作成することも可能です。
ただし、普段聞きなれない文言に不動産の正式名称など、実際作るには難しい言葉が多々あります。
これらを正しく書くことも、神経を使います。

遺産分割協議書の作成方法や、その他相続のお手続きでお困りの方は、
横浜の相続手続専門家へご相談ください。

相続人は遺産をどうするか決めます
被相続人のもっていた権利も義務もすべてを引き継ぐのが相続です。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL