相続税の「申告」だけではない『10ヶ月』という期限

相続税の申告期限が10ヶ月というのはよく知られていることですね。

では、この10ヶ月というのは、相続税の「納税」の期限でもあるということはご存知でしょうか。
ご身内を亡くされて別れがつらく、相続のことなどなかなか考えられないとは思います。
ですが、そろそろ取り掛かったほうがいいかなと思った時に、申告・納税まで残りあと数カ月、という駆け込み相談の方がたくさんいらっしゃいます。

相続税の申告というと税理士などの専門家に任せたらすぐに終わらせられるだろうと思われがちですが、
申告のために必要な資料の収集や、専門業者がそれをもとに調査する時間を考慮すると、
思った以上に時間は足りないものです。

ましてや、冒頭でお話ししたように、
納税も10ヶ月が期限だった!
なんてことがあとから分かったら!
その税金、現金ですぐにご用意できまするでしょうか。

悲しみでいっぱいの中お金のことなんて考えるのもはばかられられると思いがちですが、
49日などを機会に、故人の財産や残されたご家族の今後について考えてみましょう。

«
»
 

トラックバックURL