生命保険金は契約者や受取人によって扱いが変わります

生命保険を契約するとき、誰が保険料を支払い(契約者)、誰に保険をつけ(被保険者)誰が保険金を受け取るのか(保険金受取人)によって、受け取る保険金は、相続税・贈与税・所得税(+住民税)のいずれかの課税対象となります。

例えば契約者(保険料負担者)である夫が死亡し死亡保険金を受取人である妻が受け取った場合、
その死亡保険金は、相続税の課税対象となります。
ただし死亡保険金は、残された家族の生活保障という大切な目的を持つ遺産ですので、
一定の生命保険金額は非課税とされています。

相続人が保険金を受け取る場合に限り、
『500万円 × 法定相続人の人数』
までが非課税となり、それを超えた部分が、課税対象になります。
(ちなみに非課税金額計算上の法定相続人の人数には、相続放棄した者も含まれます)

また他のパターンとして、
保険料負担者も被相続人で保険金の受取人も被相続人の場合などもあり、
上の例でいうと夫が保険料を負担し、保険金の受取人も夫だったという場合がこれにあたります。
この場合も保険金は夫の相続財産として、相続税の対象となります。

契約者負担者が相続人の場合、受取人と同じなら所得税の課税対象となり、、
異なる時は贈与税の課税対象となります。

ご身内を亡くされて保険金の手続きや、
かかる税金について迷われた際は、
横浜駅前の相続手続き専門家へご相談ください。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む