相続税の申告期限を過ぎるとどのようなペナルティがあるのでしょうか

相続税の申告と納付期限は、相続開始の日から10か月です。
では、それを過ぎるとどのようなことが起こるのでしょうか。

期限を過ぎると、加算税がかかります。

1.少なく申告していたら『過少申告加算税』
納税額が50万円以下ならその10%、
納税額と50万円とのいずれか大きい金額を超えるときは、
それを超える部分の15%がそれに当たります。

2.申告しなかったら『無申告加算税』
税務調査の前に自主的に期限後申告をした場合は、納税額の5%、
税務調査の後や税務署長による税額の決定の後に期限後申告をする場合は、
納税額の50万円までは15%、
50万円を超える部分は20%がそれに当たります。

3.申告額を偽っていたら『重加算税』
期限内申告なら納税額の35%、
期限後申告なら納税額の40%がそれに当たります。

申告は、嘘、偽りなく、
期限内にしましょう!

相続が発生して相続税についてご心配がある方は、
横浜の相続手続きの専門家へご相談ください!

川崎の相続税の手続きに強い税理士だ
女性の税理士が相続人の負担をいかに軽くするか一緒に考えていきます。
http://xn--8ltrsq61dc8f.jp/tax

«
»
 

トラックバックURL