代襲相続が起こる3つのケースとは

代襲相続というのは、相続人になるはずだった人が、
相続開始以前(同時死亡を含む)に死亡していたときなどに、
その子や孫が代わって相続人になるという制度です。

相続人が相続開始以前に亡くなっている場合の代襲相続はよく知られていますが、
他に、代襲相続が起こるケースをご存知でしょうか。
ここでは、前述のケースを含め、3つのパターンをご紹介します。

1.相続人が死亡したとき
亡くなると、相続人としての権利はなくなります。

2.欠格
遺言書を変更、偽造したり、被相続人や他の相続人を殺したりした相続人は、
家庭裁判所の判断で、相続権を奪われます。
相続権を奪われた場合、代襲相続が発生します。

3.廃除
被相続人への侮辱、虐待、著しい非行が有った場合、
被相続人の生前の申し立てや遺言による請求により、
それが家庭裁判所に認められると、その人は相続権が奪われます。
その場合、代襲相続が発生します。

ちなみに、代襲相続人となるのは、被相続人の孫と、甥・姪にあたる人です。

さて、もしも孫も亡くなっていたらどうなるのでしょう。
その場合は、さらに代襲が発生し(再代襲と言います)、被相続人から見てひ孫にあたる人が相続することとなります。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む