カテゴリー: 相続について考える

亡くなったあとにする意思表示が遺言

故人の遺志を実現させる方法として、遺言書があります。一考の余地はあります。

生きていても自分の考えを相手に伝える事が難しい場合があります。
亡くなってしまったらなおさらではないでしょうか。

“亡くなったあとにする意思表示が遺言”の詳細は »

遺産分割協議書は必ず必要なのでしょうか

『遺産分割協議書』を作成することで、のちのち争いがおこるリスクを大幅に減らすことができるかもしれません。

亡くなった方の財産は、相続人が複数いる場合、
全員の共同相続財産となります。
その共同で相続した相続財産を誰が、どのように分けるのか?
それを話し合うのが、『遺産分割協議』です。

“遺産分割協議書は必ず必要なのでしょうか”の詳細は »

みなし相続財産とはなんでしょうか

みなし相続財産は税法上、相続財産扱いとして課税対象となります。

みなし相続財産。
その名のとおり、財産と『みなす』ものです。

“みなし相続財産とはなんでしょうか”の詳細は »

相続税の「申告」だけではない『10ヶ月』という期限

相続税がかからないとお考えの方も一度相続税について考えてみましょう。

相続税の申告期限が10ヶ月というのはよく知られていることですね。

“相続税の「申告」だけではない『10ヶ月』という期限”の詳細は »

遺産分割協議書を作る意義とそのルールとはなんでしょうか

遺産分割協議書を作成する際、特に決まったルールは無く、専門家が作った以外のものでも正式なものとして使用することが出来るのです。ただしその際、気をつけたい点がいくつかあります。

そもそも、遺産分割協議書は、必ず必要なものではありません。
であるにも関わらず、相続が発生した際にその多くで遺産分割協議書を作るのはなぜでしょうか。

“遺産分割協議書を作る意義とそのルールとはなんでしょうか”の詳細は »

相続が発生すると必ず相続税を払わなくてはならないのでしょうか

平成27年1月1日の相続から、基礎控除額が 『3000万+600万×法定相続人の数』 へと、大幅に引き下げられます。

相続税と聞くと、相続の際誰にでも降りかかるものだというイメージをお持ちの方がいらっしゃいます。
しかし実際のところ、相続税がかかる場合は、東京都を例にとると、全体の1割程度といわれています。
ただしそれは、現段階での状況です。

“相続が発生すると必ず相続税を払わなくてはならないのでしょうか”の詳細は »

自分の土地の形状を知っておこう

不動産の評価額が高いと、所有者は嬉しいものです。ところが、評価額が高い=相続税の増額につながるため、メリットばかりとは言えないかもしれません。

今回は、相続財産の中でも、土地に関してお話したいと思います。

不動産をお持ちの方、中でも土地をお持ちの場合について。
土地を相続する予定があるのなら、
その土地がどのような形状かを前もって知っておくことをお勧めします。

“自分の土地の形状を知っておこう”の詳細は »

生命保険金は契約者や受取人によって扱いが変わります

生命保険金は保険料負担者・被保険者・保険金受取人がだれかによって、かかる税金も異なります。

生命保険を契約するとき、誰が保険料を支払い(契約者)、誰に保険をつけ(被保険者)誰が保険金を受け取るのか(保険金受取人)によって、受け取る保険金は、相続税・贈与税・所得税(+住民税)のいずれかの課税対象となります。

“生命保険金は契約者や受取人によって扱いが変わります”の詳細は »

相続税の申告期限を過ぎるとどのようなペナルティがあるのでしょうか

相続税の申告・納付方法を理解して、余裕をもって準備しましょう!

相続税の申告と納付期限は、相続開始の日から10か月です。
では、それを過ぎるとどのようなことが起こるのでしょうか。

“相続税の申告期限を過ぎるとどのようなペナルティがあるのでしょうか”の詳細は »

代襲相続が起こる3つのケースとは

代襲相続という言葉を聞いたことはありますか。どういうときに、起こるのでしょうか。

代襲相続というのは、相続人になるはずだった人が、
相続開始以前(同時死亡を含む)に死亡していたときなどに、
その子や孫が代わって相続人になるという制度です。

“代襲相続が起こる3つのケースとは”の詳細は »

« 過去の記事