現代の動物園は迫力がありますね

連休初日の29日、家族三人で動物園に行ってまいりました!

少し前に、かの有名な旭山動物園のドラマを見て、
動物園に行きたくなってしまった娘とわたし。
さすがに旭山動物園は遠いので、横浜ズーラシアへ行ってきました。

旭山動物園の行動展示が話題になってから多くの動物園がそれに習おうと試行錯誤しているようで、
ズーラシアでも、以前訪れた時との変化が感じられました。

もともとズーラシアは狭いオリの中ではなく、広々とした自然に近い状態にいる動物を見ることができましたが、
さらにケージの柵(オリ?)が部分的に強化ガラスになり、
柵で遮られることなく動物が見られるなどの工夫がされていました。
これは、背の低いこどもたち目線にはもってこいですし、
ときどきとびかかってくるトラの様子が間近でみられて迫力満点です。

また、ライオンやチーターなどの肉食系動物と、
キリンやしまうまなど草食系動物がまるで同じ草原にいるようにみえる、
など視覚的に工夫されたエリアが増設されており、見ているこどもたちは大興奮。
大人のわたしも、昔とは様変わりして迫力ある動物園にびっくりです。

動物たちものびのび、
訪れる来園者も興奮。
どちらにもプラスになり、
裏で努力されているスタッフの方たちって、すごいなあと思いました。

«
 

トラックバックURL