相続する子供の配偶者がおかれている立場を理解

財産を相続する際に大きな問題の一つとなるのが相続人である子供の配偶者についてです。
配偶者がその遺産相続に納得しない場合も少なくありません。
相続人である自分の夫や妻が、親の財産を相続するにあたり他の兄弟姉妹たちよりも少なく相続する、あるいはもらえないなどと言う場合は非常に複雑な心情が絡んでくるようです。

だからといって相続人たちの話し合いの場に、配偶者が入りこむことも良くない傾向です。
「全然関係ない赤の他人が何を介入してきているの。」ということにもなりかねません。
相続は専門性も高い分野なのでそれぞれの家庭の事情に基づいて専門家に相談するようにしたいものです。

第九百八条   【 遺言による分割方法の指定又は禁止 】
被相続人は、遺言で分、割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間内分割を禁ずることができる。
相続人以外の人の意見には注意が必要です。
実は第三者からの中途半端な相続のアドバイスが一番やっかいなことを生み出すことにもなりかねません。

(遺留分の放棄)
1043条 1項 相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。
2項 共同相続人の1人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。
第千四十条   【 贈与の目的物を処分した場合の減殺 】
第一項  減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、
遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。但し、譲受人が譲渡の当時遺留分権利者に損害を加えることを知つたときは、遺留分権利者は、これに対しても減殺を請求することができる。

第二項  前項の規定は、受贈者が贈与の目的の上に権利を設定した場合にこれを準用する。

相続で困ったら、無料相談を利用してみましょう。
きっと多くの方が相続手続支援センター川崎駅前のサービスで満足くださると自信があります。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む