口約束では相続できないから書類を作ります

相続する約束になっていたとか、養子になる約束だったとかよく書面以外の口約束で相続が問題になるケースがあります。
たとえば子供がいない被相続人と長くにわたって同居して、介護や老後の面倒を見てきた人が話の中で「養子にする」ということになっていて正式な手続きをする前に被相続人が死亡した場合、
その約束が有効的と思われるものであっても口頭の約束であるものは相続権には認められません。

少なくとも養子になるためには戸籍の届出が無い限り認めることができないもので、効力を発揮しないためです。
たとえ不動産の相続であっても移転の登記をしておかない限り、効力を認めることができないのです。
わずかな手続きを生前に怠ってしまったり、迅速に処理できなかったりすると対立やこじれてしまう結果となってしまいます。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む