カテゴリー: 正確さが大切な遺産分割協議

兄弟や姉妹の相続における相続人の調査とは

亡くなった方に配偶者も子供もなく、両親も(祖父母も)亡くなっている場合、兄弟姉妹相続となります。どのような戸籍を取得したらいいのでしょうか。

一般的な相続(ここでは、父母のいずれかが被相続人で、その間に子がいるとします)では、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍類によって相続人を確認することができます。
ですが、兄弟姉妹が相続人の場合、さらにたくさんの戸籍類を収集しなければなりません。
“兄弟や姉妹の相続における相続人の調査とは”の詳細は »

相続する子供の配偶者がおかれている立場を理解

被相続人は、遺言で分、割の方法を定め、又は相続開始の時から五年を超えない期間内分割を禁ずることができる。

財産を相続する際に大きな問題の一つとなるのが相続人である子供の配偶者についてです。
配偶者がその遺産相続に納得しない場合も少なくありません。
相続人である自分の夫や妻が、親の財産を相続するにあたり他の兄弟姉妹たちよりも少なく相続する、あるいはもらえないなどと言う場合は非常に複雑な心情が絡んでくるようです。

だからといって相続人たちの話し合いの場に、配偶者が入りこむことも良くない傾向です。
「全然関係ない赤の他人が何を介入してきているの。」ということにもなりかねません。
相続は専門性も高い分野なのでそれぞれの家庭の事情に基づいて専門家に相談するようにしたいものです。

第九百八条   【 遺言による分割方法の指定又は禁止 】
被相続人は、遺言で分、割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間内分割を禁ずることができる。
“相続する子供の配偶者がおかれている立場を理解”の詳細は »

相続の死亡時期の推定という法律の定めがある

死亡した数人中の1人が他の者の死亡後もなお生存していたことが明確でないときには、これらの者は、同時に死亡したものと推定されるとされています。

(相続開始の原因)
第八百八十二条 相続は、死亡によって開始する。
(相続開始の場所)
第八百八十三条 相続は、被相続人の住所において開始する。

(相続回復請求権)
第八百八十四条 相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から二十年を経過したときも、同様とする。
“相続の死亡時期の推定という法律の定めがある”の詳細は »

特定の相続人に遺産を残したいときの手段

個々の法定相続人の遺留分を侵害しないことが侵害しないことが大切ですよ

遺言がない場合には、相続財産は相続人の共有という形で
相続されてしまいます。
しかし遺言がある場合には基本的に遺産の分割内容は遺言が優先されます。
尽くしてくれた娘に、また、障害を持つ子に、
など法定相続分より多めに財産を残したい相続人がいる場合、
遺言によって法定相続割合とは異なった割合を指定することができます。
“特定の相続人に遺産を残したいときの手段”の詳細は »

口約束では相続できないから書類を作ります

口頭の約束であるものは相続権には認められませんよ。遺言を残すことを積極的に考えましょう。

相続する約束になっていたとか、養子になる約束だったとかよく書面以外の口約束で相続が問題になるケースがあります。
“口約束では相続できないから書類を作ります”の詳細は »