相続人に未成年者がいたらしなきゃいけないことって…?

遺産分割協議をする際、相続人に未成年者がいる場合、通常の協議と少し異なる手続きが必要となります。
それは、『特別代理人の選任』です。
通常未成年者が財産に関する法律行為をする際には、親権者が法定代理人として手続きを進めます。

ですが、親権者と未成年者との間で利益が相反する(互いに反対の関係にある)場合には、親権者が法定代理人となることは認められません。
そこで親権者に代わる法定代理人として、『特別代理人』というものを選任し、その特別代理人が未成年者を代理して手続きをすることになります。

 

遺産分割の話し合いである遺産分割協議では、だれがどれだけの遺産を相続するかについて相続人の間で利害の対立が生じます。
そのため、親権者とその子どもが共同相続人である場合、親権者がその子を代理して遺産分割協議を行えば利益相反行為となります。
そこで、未成年の子には、必ず『特別代理人』をつけなくてはなりません。
特別代理人をつけることを、特別代理人の選任といいます。
ちなみに、未成年者が相続放棄する際も、
『未成年の子が、親に相続放棄をさせられた不利益を被る(遺産を相続できない)』
という事態を防ぐため、特別代理人の選任が必要となります。

 

ところで、ややこしくて大変そうな特別代理人選任の手続きですが、
司法書士に依頼すると、書類の作成や裁判所への提出もお任せできます。
また、そのまま遺産分割協議書の作成や不動産の名義変更などの相続手続もお任せできる場合があるので、手続きの負担がぐっと減ります。

遺産分割協議を相続人が作成するのを応援
相続人に未成年者がおられて、手続きに悩まれている方は、ぜひ、司法書士と連携している事務所へご相談ください。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/legacy

 

トラックバックURL

コメントを書き込む