カテゴリー: 成年被後見人の基礎のお話です

相続人に未成年者がいたらしなきゃいけないことって…?

未成年者が遺産分割協議、または相続放棄をする際には、その未成年者のために特別代理人の選任が必要なことがあります。

遺産分割協議をする際、相続人に未成年者がいる場合、通常の協議と少し異なる手続きが必要となります。
それは、『特別代理人の選任』です。
通常未成年者が財産に関する法律行為をする際には、親権者が法定代理人として手続きを進めます。
“相続人に未成年者がいたらしなきゃいけないことって…?”の詳細は »